先ほどのタイプで「ファクター」という会話がたくさん出てきましたが、
クレジットカードのファクターを貯めるっていかなるメリットがあるのでしょう?
主なサービスを調べてみました。

主流は製品や金券へのキャッチボールだ。

キャッチボール製品は生活器材や家電などが中心ですが、カードのジャンルによって趣味のグッズが充実しているなど、連盟仕事ごとで様々です。
また、金券へのキャッチボールは、JCBやVISA等の貰いものカードが多いようです。

他には、貯まったファクターやマイルを、原資として銀行財布に振り込んで受け取れるものがあります。

100円程度の払い込み手間賃が要することもありますが、最近では無料で行えるものが増えてきています。
銀行の定期ストックの利回りと比べると、1%位という還元率がどんなにプリティーか分かりますね。

また、電子マネーへ移行できるヘルプもあります。
電子マネー仕掛けが付いているクレジットカードはもちろん、それ以外のカードも対応している産物があります。
Suica等のトランスポート系統電子マネーは案外こういうキャッチボール手法が整備されているので、普段着車両等々をよく利用している個々にお勧めです。

一言にファクターキャッチボールと言っても、たくさんのヘルプがあったんですね!光エステとケノンはどっちがいい?