お悔やみの手紙というのは、お通夜やお葬式に参列できないときに送ります。
あるいは、親しかった人や知人が亡くなったことを後になってから知ったときに、送ります。

基本的には、お悔やみの手紙というのは便せんに手書きするものです。
手紙は、もちろん弔電よりも遅く届くことになります。
しかしお通夜やお葬式に参列して香典を持参できない場合に、
香典をお悔やみの手紙と一緒に同封して送ることができます。
そういう意味では、お悔やみの手紙というのは便利なものといえるでしょう。

お悔やみの手紙を書く場合には、黒の万年筆や黒のボールペンで書きます。
地方によっては、薄墨で各地域もあります。

また便せんは白の縦書きが正式なものです。
最近では、パソコンを使って手紙を書く人が多いですが、この場合は手書きです。

不幸の時は重なるという意味合いのことは、避けなければいけません。
封筒は、二重封筒は使用してはいけません。
一重のものを用意しましょう。

家族葬の費用が安い情報ならこちら